むちうちで通院を始めるタイミング

文責:柔道整復師 松永 圭司

最終更新日:2020年07月15日

なるべく早く通院を始めましょう

むちうちになってしまわれた方の中には、お仕事などがお忙しく、痛いと思いながらも接骨院へ行くことを我慢してしまわれる方がいらっしゃいます。

むちうちになると多くの場合、首の筋肉などが傷ついてしまっています。

 そのため、むちうちによる首の痛みをそのままにしていると、さまざまな動作により余計に損傷が酷くなり、痛みが強くなってしまう場合があります。
 むちうちになってしまわれた方の中には「最初は軽い痛みだったから我慢していたけれど、だんだんと痛みが強くなってきた」という方が大勢いらっしゃいます。
 痛みが比較的軽度であるうちに、接骨院でしっかりと施術を受けることをお勧めいたします。
 場合によっては痛みが慢性化してしまうこともありますので、お早めに当院にご相談ください。

今のところ、違和感がないけども

 それでは「痛くないけれど、どうにも首が動かしにくい」

「痛くないけれど、なんだか違和感が続いている」というような場合には、どうしたらよいのでしょうか。

 この場合にも,お早めに当院にご相談ください。
 むちうちになるような強い衝撃を受けた直後には、脳が痛みを感じにくくなっている場合があります。

 また、時間の経過により痛みが出てくるおそれがあります。
 また、痛みを感じるほどではないけれど傷自体はついているという場合もあります。
 このような場合には、ケガをしていないと思い、普段どおりに生活することで損傷が悪化して痛みはじめることがあります。

PageTop